カテゴリー
家族

母親と祖母の遺伝子が現れる瞬間

小さい頃から、ずっと父親似と言われてきた私。確かに丸顔に丸い鼻、大きな耳たぶなど、私の顔の特徴とされる部分はすべて父親由来。お母さんの遺伝子って、どこいっちゃったんだろう?と鏡を見るたびに疑問に感じていました。
と、そんな私ですが、先日、デパートの化粧品カウンターでかっちりメイクをしてもらったところ、母の顔そっくりになっていることを発見。思わず、「げっ、お母さんやん」とつぶやいてしまい、BAさんに爆笑されました。
その後、実家で母の昔の写真を見せてもらったのですが、確かに額やあごの形は今の私とそっくり。あと、体の特徴ではないのですが、階段を上り下りする足音もそっくりだということに気がつき、今頃母の遺伝子が力を発揮してきたか~と、何となく母に親近感を感じるようになりました。
しかし、最近気付いたのは、疲れた時や体調の悪い時は、母方の祖母(80代)の顔の特徴も出現するということ。特に私の場合、睡眠不足が続くとまぶたにへこみが出現すると、そうすると祖母の顔そっくりになる。先日、ダンナにもそれを指摘され、結構ショックを受けました。いや、おばあちゃんに恨みはないし、むしろ大好きなんですけどね。けれど、この年でそれを言われるのはちょっとキツイ・・・。