カテゴリー
その他

肌に触れる重要な衣類であるからこそ慎重に

ここ数年のことになりますが、下着について大きな変化がありました。それはワイヤー入りのブラジャーが付けられなくなってしまったということです。
学生の頃はとにかく形が崩れないようにとワイヤー入りでパッドが厚いブラジャーを選んでいました。大手メーカーの物であれば間違いないと思っていた時代です。ヒモの部分やデザイン、色、形状など、とにかくこだわっていました。しかし、社会人になると体型や感覚が変化し、ワイヤーが入ったアンダーの部分と胸や脇の下がギュッと締めつけられることに不快感を抱くようになりました。また、夏場の暑さによってあせもや痛みなどを生じるようになってしまい、そのようなことからワイヤー入りのブラジャーは着用を控えるようになりました。
現在はソフトタイプのブラジャーを少しと、カップ付きキャミソールやタンクトップを多用するようになりました。重視する点は一つ、着心地が良いかどうかです。締めつけは緩く、肌に痕が残らないタイプであることが第一のポイントとなります。
今後は今以上に機能性を求めて下着を選ぶことになるかと思います。しっかりと素材や機能性を吟味し、購入していこうと思います。