カテゴリー
映画

休日がなかったので息抜きに映画を見た

先週はたまたま休みがなくてちょっと疲れてしまいました。自分の体力のなさにがっかりです。でも、よく寝たし晴れているし、今日からまた頑張ろうかな!
昨日の夜は、休みがなくて好きなことができなかったので、GAYO!で映画を見ました。夜寝る前に見たのですが、臓器売買のことについてでした。これだけいうとなんだか堅苦しいように聞こえますけど、ラストシーンの究極の選択は驚きました。ここからはネタバレになってしまうのですが、最終的には臓器を必要としている自分の娘か、臓器を得るために殺されかけている少年をか、どちらかを選ぶシーンになったのです。父親としてはここは娘を選ぶだろうと思ったら、次のシーンではなんと父親と母親が喪服姿に!そう、父親は臓器売買のために殺されかけた少年の命の方を選んだのです。それまでに色々と臓器についてのことが言われていたので、まさに究極の選択。私だったらと考えると、最初は自分の大切な人を選ぶと思ったのに考えが変わりました。自分が殺した子の臓器移植を受けた娘を見て毎回罪悪感に駆られるでしょうから、私だったら娘と一緒に暮らせないかもしれません。そういう意味では主人公の選択は間違いではなかったのかな。私に娘いませんけど。